こんにちは!ブログ初心者の高校生が書いています。日記みたいなものかな??
プロフィール

bongo

Author:bongo
その時の気分で毎日書いていこうかなって思ってます
コメント,メッセージ,ブロ友待ってます!このブログが小さなコミュニケーションを取れる場になれたらいいな!!

最近の記事+コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
訪問者カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ
おみくじ
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:
URL
COMMENT
パスワード:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
8
初コメe-257

自分もそう思う!!
総理大臣とか誰がなっても
同じだよね~i-262



2011/08/30(Tue) 20:58:43|LOVE|URLMAIL編集/削除
Re: タイトルなし
9
コメントありがとう!!
俺は、日本人はかなり好きだけど、
でも、今の政府は正直ないよね。。。
五年間で六人目だっけ??
なんか、だいじょうぶなのかな、野田総理。
ま、増税考えてるのは、俺も賛成だな!
2011/08/31(Wed) 03:50:15|bongo|URLMAIL編集/削除
10
はじめまして、おはようございます。ぼっち太郎と申します。

私も浅学なので詳しいことは分かりませんが、私は増税に反対です。
増税とはお金が足りないから、資金を増やそうと行うのですよね。つまり資金が正しく使われて、保証が、将来が、未来が希望に溢れているのなら、きっと反対する方は少ないでしょう。私ももろ手を挙げて賛成するつもりではあります。
しかし現実はどうでしょう。汚職に始まり汚職に終わる。誰が使うのか分からない道路を整地し、裏金で国家のお金の行く末が決まる。この度の東京電力の件然り。ただの社長であるはずの方が強気に支援を国に求められたのは何故なのでしょうね。

税を上げる前にやることがあるのではないか。というのが私の意見です。
しかしながらそれは5年以上前から、言ってしまえば数十年前から声高に主張している人はいるのでしょう。けれど変わらない。お金の力は強いですね。


また、国会議員の仕事は法律を作ることです。が、国会議員に成るためには法律の知識は要りません。そういう時期になれば投票やってますよね。あれは人気投票です。人気さえあれば、運が良ければ、コネがあれば、誰でも国会議員になれます。
さてこの国は良くなるのでしょうか?はなはだ疑問です。今の日本に広がるニヒリズムの風潮も含め、真面目に考えてしまうと腹立たしいことばかりですね。
だからまともにものを考えられる人は国に期待をせず、自らの生活の充足を目指します。そうしてメディアに踊らされる方々がほぼすべての意見を占めていく。


それでも私は、ものを考える努力を怠らない方が好きなので、できることなら頑張ってください。
2011/08/31(Wed) 08:34:18|ぼっち太郎|URLMAIL編集/削除
Re: タイトルなし
12
参考になる話ありがとうございます。
確かにぼっち太郎さんの言うとうり、増税する前にやるべきことはたくさんあります。
税が正しい道で使われてないのは、国民が怒りをあらわにしてもいいところだと僕も思います。

だけれど、今の国民は、
自分が払ってる税以上のことを国から受けようとしてます。
記事でも書いたように、子供手当てもそのひとつです。
赤字だとわかっていても、自分はお金がほしいから、とそっちに投票するのです。
また、無駄をすべて省いたところでも、お金が足りないのではないでしょうか?
今,予算の半分は国債です。
歳出を半分減らせるのでしょうか?無理だと思います。
なので、税を増やしつつ、歳出を減らさなきゃいけないと僕は考えます。

また、意見があったら、お願いします。
2011/08/31(Wed) 16:07:30|bongo|URLMAIL編集/削除
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
総理大臣
2011/ 08/ 29 ( Mon ) 17:23:02
とうとう新しい総理大臣きまったねー
でも、正直今の日本じゃ誰でも同じだと思う、
ほかの国とかにもっと目をむけてみると、
消費税10パーセント超えは当たり前
ドイツは、消費税を下げようとしたら、逆に国民が反発したくらい。
日本はどうだろう??
ちょっとでもあげようとしたら文句いって、
でも、欲張る。
ふざけるなっての!子供手当てだって、みんな知ってのとうりただの票集め。
そのお金はどこからくる??
税をあげずにお金がはいってくるかよ

政府も馬鹿みたい
毎回予算は赤字
今じゃ当たり前みたいな感じでいってるけど、
黒字があたりまえじゃないの??
日本みたいに災害の多い国はお金をためておいて
いざというときに使えるようにするのが当たり前じゃないの??
まだ子供でぜんぜんわかってないかもしれないけど、
ニュースを見るたびにイラってくる。

こゆ政策はどうかな??
一年に一パーセントづつ税をあげていくのは
そうすると来年は高くなるからってみんなものを買い始めて、
景気がよくなって
さらに、国はお金を集められるようになる。

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html
借金時計、おもしろいから参考にしてみてください。
スポンサーサイト
コメント:
URL
COMMENT
パスワード:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
8
初コメe-257

自分もそう思う!!
総理大臣とか誰がなっても
同じだよね~i-262



2011/08/30(Tue) 20:58:43|LOVE|URLMAIL編集/削除
Re: タイトルなし
9
コメントありがとう!!
俺は、日本人はかなり好きだけど、
でも、今の政府は正直ないよね。。。
五年間で六人目だっけ??
なんか、だいじょうぶなのかな、野田総理。
ま、増税考えてるのは、俺も賛成だな!
2011/08/31(Wed) 03:50:15|bongo|URLMAIL編集/削除
10
はじめまして、おはようございます。ぼっち太郎と申します。

私も浅学なので詳しいことは分かりませんが、私は増税に反対です。
増税とはお金が足りないから、資金を増やそうと行うのですよね。つまり資金が正しく使われて、保証が、将来が、未来が希望に溢れているのなら、きっと反対する方は少ないでしょう。私ももろ手を挙げて賛成するつもりではあります。
しかし現実はどうでしょう。汚職に始まり汚職に終わる。誰が使うのか分からない道路を整地し、裏金で国家のお金の行く末が決まる。この度の東京電力の件然り。ただの社長であるはずの方が強気に支援を国に求められたのは何故なのでしょうね。

税を上げる前にやることがあるのではないか。というのが私の意見です。
しかしながらそれは5年以上前から、言ってしまえば数十年前から声高に主張している人はいるのでしょう。けれど変わらない。お金の力は強いですね。


また、国会議員の仕事は法律を作ることです。が、国会議員に成るためには法律の知識は要りません。そういう時期になれば投票やってますよね。あれは人気投票です。人気さえあれば、運が良ければ、コネがあれば、誰でも国会議員になれます。
さてこの国は良くなるのでしょうか?はなはだ疑問です。今の日本に広がるニヒリズムの風潮も含め、真面目に考えてしまうと腹立たしいことばかりですね。
だからまともにものを考えられる人は国に期待をせず、自らの生活の充足を目指します。そうしてメディアに踊らされる方々がほぼすべての意見を占めていく。


それでも私は、ものを考える努力を怠らない方が好きなので、できることなら頑張ってください。
2011/08/31(Wed) 08:34:18|ぼっち太郎|URLMAIL編集/削除
Re: タイトルなし
12
参考になる話ありがとうございます。
確かにぼっち太郎さんの言うとうり、増税する前にやるべきことはたくさんあります。
税が正しい道で使われてないのは、国民が怒りをあらわにしてもいいところだと僕も思います。

だけれど、今の国民は、
自分が払ってる税以上のことを国から受けようとしてます。
記事でも書いたように、子供手当てもそのひとつです。
赤字だとわかっていても、自分はお金がほしいから、とそっちに投票するのです。
また、無駄をすべて省いたところでも、お金が足りないのではないでしょうか?
今,予算の半分は国債です。
歳出を半分減らせるのでしょうか?無理だと思います。
なので、税を増やしつつ、歳出を減らさなきゃいけないと僕は考えます。

また、意見があったら、お願いします。
2011/08/31(Wed) 16:07:30|bongo|URLMAIL編集/削除
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
CustomRssReader
今日はどんな日?
copyright(c) 2005 大きな一歩 小さな一歩 Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。